http://toki.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1278285439/ 
 
1 名前:スカイ変態仮面φ ★[] 投稿日:2010/07/05(月) 08:17:19 0 
  「押しの弱い男は嫌だけど、下心丸出しの男はもっと嫌!」。  
  やや矛盾しているようにも思えますが、これが女性の本音です。  
  ひとたび「カラダ目的の男」という印象を持たれたら最悪、  
  簡単に挽回することはできません・・・。  
  そこで今回は、『オトメスゴレン』読者の女性に対し、アンケートを実施。  
  「女性が『カラダ目的の男だ!』と感じる瞬間」について、  
  調査した結果をご紹介します。  
   
  【1】不自然なボディタッチをされたとき。  
  カラダに触るというセクシーなムード作りが、裏目に出てしまうパターンです。  
  「やたらと手や脚を触られると、怪しいと感じる」(10代女性)、  
  「居酒屋で手相占いをしてくる男は、わざとらしくてイタい(笑)」  
  (20代女性)と、女性は男性の不自然なボディタッチに厳しい意見を  
  持っているようです。  
  「恋人以外でカラダに触れていいのは医者だけ」(20代女性)  
  と考える女性もいるので注意が必要です。  
   
  【2】見た目ばかりを褒めるとき。  
  女性は褒め言葉にも敏感です。「口説き文句が全部容姿に関することだと、  
  『ああ、この人、私と付き合う気ないな』と思う」(20代女性)だけでなく、  
  「話している最中にぼーっとカラダを見られているとき」(20代女性)など、  
  男性のエロ目線も一瞬でアウトの対象になるようです。  
  見た目も性格もバランス良く褒めることが肝心です。  
   
  その他  
   
  【3】過去の経験人数を聞かれたとき。  
  【4】デート中に眠いことをアピールされたとき。  
  【5】ドライブデートを猛プッシュされたとき。  
  【6】昼間のデートを避けられたとき。  
  【7】会ってすぐ家に誘われたとき。  
  【8】異常なぐらい優しく接してくれたとき。  
   
  http://news.livedoor.com/article/detail/4866024/  
   
 
  
女性が「カラダ目的の男だ!」と感じる瞬間8パターン
18:07|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)痛いニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 
 
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1289759142/ 
 
1 名前:守礼之民φ ★[sage] 投稿日:2010/11/15(月) 03:25:42 0 
  愛知県瀬戸市片草町の山林で十三日、おりにかかったツキノワグマの殺処分を決めた行政、  
  地元住民と、処分を阻止しようとする自然保護団体「日本熊森協会」(兵庫県西宮市)が  
  七時間にわたって対立。  
   
  話し合いは平行線のまま、結局クマは瀬戸市に依頼された猟友会の会員に射殺された。  
   
  市環境課によると、クマは九日、イノシシ用のおりの中で発見された。  
  最初は殺さずに放すことを検討し、保護を訴える協会とも協議した。  
   
  他県に移送を打診したものの受け入れを拒否され、  
  住民の不安も高まったことから、十二日に殺処分を決めた。  
   
  十三日午前七時ごろから現地で、協会の会員と、市・県の職員、住民が“にらみ合い”。  
   
  「クマはおとなしく、人と共存できる」と主張する協会側と、  
  「ここは私たちの生活の場」「けがをしたら誰が補償するのか」と住民たち。  
   
  午後二時ごろ、クマは殺処分されたが、市環境課の高木啓次課長は  
  「放つのが基本だが万策尽きた」と苦渋の表情だった。  
   
  ソース(東京新聞):  
  http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2010111402000038.html  
 
  
【クマ】直接関係ない日本熊森協会が「クマは大人しく、人と共存できる」と七時間もダダをこねる
18:05|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)痛いニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 
 
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1288075545/ 
 
1 名前: ◆V3/DONjiko @変態仮面V3φφ ★[henkame@2chv.net ] 投稿日:2010/10/26(火) 15:45:45 0 
  埼玉・入間市の小学校で、男性教諭(59)が6年の児童に罰と称してキスをしたり抱きついたりしていたことがわかった。  
  男性教諭は罰を選ぶ際、「セクハラサイコロ」と名付けた、自分で作ったサイコロを使っていた。  
  入間市の小学校などによると、この学校で6年のクラスを担任する男性教諭は、トイレのサンダルをそろえなかった児童らに  
  サイコロを振らせ、「キス」や「ハグ」など出た目に書かれた内容を罰として行っていた。  
  サイコロの目には、ほかにも「鼻くそ」や、顔と尻を触る「顔ケツタッチ」、  
  「先生とずっと恋人」と宣言して指切りをする「恋人指切り」などと書かれていた。  
  サイコロは男性教諭が作ったもので、自ら「セクハラサイコロ」と名付けていた。  
   
  問題を訴えた保護者に、男性教諭は「サービス精神でやった」などと説明していた。  
  男性教諭は、去年3月まで勤務していた入間市の別の小学校でも、セクハラサイコロを使っていたという。  
   
  http://news24.jp/articles/2010/10/26/07169349.html  
 
  
小学校教諭(59)、「セクハラサイコロ」を振って児童にキスしたり抱きついたりしていた
18:02|この記事のURLコメント(1)トラックバック(0)痛いニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター