2011年02月

2011年02月28日

 
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1297236977/ 
 
1 名前:ケツすべりφ ★[] 投稿日:2011/02/09(水) 16:36:17 0 
  全国の飲食店の口コミを網羅する食べログ。ユーザーには便利なサイトだが、掲載される  
  店舗側からは不満の声が上がっている。昨年9月には佐賀県の飲食店が、「店舗情報を  
  勝手に載せられた」と運営元のカカクコムを提訴、係争中だ。  
   
   他にも、食べログで風評被害に遭っている飲食店は少なくない。千葉県柏市にある  
  洋菓子店「アルル」のオーナーシェフ・中村吉孝氏も“被害者”の一人である。  
   
  「店のオープンは2004年。食べログに掲載されたのはそれから1年後くらいですね。  
  常連さんが掲載してくれ、お店を褒めてくださり店の宣伝にもなる。これはいいサイトだなと  
  眺めていました」  
   
   しかし、サイトには徐々に批判の口コミが目立つようになる。  
   
  「ウチの店は、他店とは違って作り置きをしない主義で、その日に売れる最小限しか作らない。  
  その姿勢が、『希望する商品がいつもない』という書き込みやクレームに繋がっていったのかも  
  しれません」  
   
   批判の口コミをしたユーザーとは断定できないが、実害を被る嫌がらせを受けたこともある。  
   
  「何十個もケーキの予約を入れて取りにこないことが続きました。これには参りましたね」  
   
   が、嫌がらせの書き込みは続く。防犯カメラを設置し、すべての来客を録画。ついに  
  悪意ある書き込みをする犯人を突き止めた。  
   
  「しかしそういう人はシラを切って直接的には批判しません。味のことを書き込まれるのなら  
  甘んじて受けますが、『背を向けたまま挨拶をされた』など、身に覚えのないことを書き込まれても……」  
   
   中村氏は食べログ側の対処にも問題があると主張する。  
   
  「商品写真や紹介文が載せられる会員になったのにサポートはない。誹謗中傷が増えて何度も  
  削除要請を出しましたが『口コミは原則消せない』と突っぱねられました。お客さんの  
  書き込みは即反映されるのに、店からの釈明や反論はできない。店情報自体を削除してくれと  
  頼んでも『それはできない』と取り合ってくれませんでした」  
   
   食べログは「諸刃の剣」のようだ。  
   
   ■中村吉孝氏  一流フランス料理店・芝公園「クレッセント」で修業、柳正司氏に師事。  
  その後、2004年独立。最高級素材の持つ味わいをそのままに、をモットーとし、  
  洋菓子店ながら「作り置きは一切しない」、「売り切れ終了」の姿勢を貫く。  
  http://www.zakzak.co.jp/zakspa/news/20110209/zsp1102091108000-n1.htm  
 
  
シャレにならない「食べログ」風評被害…文句は直接言いに来い!
02:27|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)痛いニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 
 
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1297236977/ 
 
1 名前:ケツすべりφ ★[] 投稿日:2011/02/09(水) 16:36:17 0 
  全国の飲食店の口コミを網羅する食べログ。ユーザーには便利なサイトだが、掲載される  
  店舗側からは不満の声が上がっている。昨年9月には佐賀県の飲食店が、「店舗情報を  
  勝手に載せられた」と運営元のカカクコムを提訴、係争中だ。  
   
   他にも、食べログで風評被害に遭っている飲食店は少なくない。千葉県柏市にある  
  洋菓子店「アルル」のオーナーシェフ・中村吉孝氏も“被害者”の一人である。  
   
  「店のオープンは2004年。食べログに掲載されたのはそれから1年後くらいですね。  
  常連さんが掲載してくれ、お店を褒めてくださり店の宣伝にもなる。これはいいサイトだなと  
  眺めていました」  
   
   しかし、サイトには徐々に批判の口コミが目立つようになる。  
   
  「ウチの店は、他店とは違って作り置きをしない主義で、その日に売れる最小限しか作らない。  
  その姿勢が、『希望する商品がいつもない』という書き込みやクレームに繋がっていったのかも  
  しれません」  
   
   批判の口コミをしたユーザーとは断定できないが、実害を被る嫌がらせを受けたこともある。  
   
  「何十個もケーキの予約を入れて取りにこないことが続きました。これには参りましたね」  
   
   が、嫌がらせの書き込みは続く。防犯カメラを設置し、すべての来客を録画。ついに  
  悪意ある書き込みをする犯人を突き止めた。  
   
  「しかしそういう人はシラを切って直接的には批判しません。味のことを書き込まれるのなら  
  甘んじて受けますが、『背を向けたまま挨拶をされた』など、身に覚えのないことを書き込まれても……」  
   
   中村氏は食べログ側の対処にも問題があると主張する。  
   
  「商品写真や紹介文が載せられる会員になったのにサポートはない。誹謗中傷が増えて何度も  
  削除要請を出しましたが『口コミは原則消せない』と突っぱねられました。お客さんの  
  書き込みは即反映されるのに、店からの釈明や反論はできない。店情報自体を削除してくれと  
  頼んでも『それはできない』と取り合ってくれませんでした」  
   
   食べログは「諸刃の剣」のようだ。  
   
   ■中村吉孝氏  一流フランス料理店・芝公園「クレッセント」で修業、柳正司氏に師事。  
  その後、2004年独立。最高級素材の持つ味わいをそのままに、をモットーとし、  
  洋菓子店ながら「作り置きは一切しない」、「売り切れ終了」の姿勢を貫く。  
  http://www.zakzak.co.jp/zakspa/news/20110209/zsp1102091108000-n1.htm  
 
  
シャレにならない「食べログ」風評被害…文句は直接言いに来い!
02:26|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)痛いニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 
 
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1298322251/ 
 
1 名前: ◆V3/DONjiko @変態仮面V69φ ★[henkame@2chv.net] 投稿日:2011/02/22(火) 06:04:11.73 0 
  立教大学4年生の男子大学生が「ツイッター」で、レイプを容認するような発言をした。  
  これがネットで大炎上となり、騒動に発展した。さらに、名前が特定され、就職内定先の  
  大手百貨店に電話やメールを送って内定を取り消そうとの呼び掛けが始まった。中には  
  「ユーストリーム」を使い、広報との電話のやり取りを生放送する者まで現れた。  
   
  事の発端はこの男子学生とは別の立教大生がOLを集団レイプし逮捕されたという事件。  
  立教大4年(25)と友人のアルバイト(25)が2011年1月1日に新宿・歌舞伎町で知り合った  
  女性2人を誘い、予約を取っていたホテルに入った。一人の女性(21)が泥酔して寝込んだ  
  ところを男性二人が襲った、というもの。警察に通報したのはもう一人の女性だった。  
   
  ■「内定を取り下げるべきだ」とネットで呼び掛け  
  このニュースに関し「ツイッター」で立教大学4年生の男子大学生が、  
   
  「立教生がレイプねー。別に悪いと思わないね。皆同じようなことしてんじゃん。飲み会で  
  勢いでキスしちゃったーとかと変わんねーよクソが。女がわりー」  
  とつぶやいた。この発言が不快だとしてネットで大騒動に発展。男子大学生の「ツイッター」  
  やSNS「ミクシィ」に批判が殺到して「大炎上」。男子大学生は「ツイッター」で、  
   
  「勘違いすんな。レイプする側のみが悪いみたいな報道に間違いがあるって言いたいだけ」  
  と弁解するものの炎上は続き、男子大学生は自身の「ツイッター」と「ミクシィ」両方の  
  アカウントを削除することになった。  
   
  それでも騒動は収まらず、ネットではこの男子大学生を特定し、実名などを公開。削除された  
  「ミクシィ」のプロフィールに内定先が書かれているのを発見し、「内定を取り下げるべきだ」  
  として、電話やメールで「百貨店に抗議しよう」などという呼び掛けが始まった。  
   
  ■「消費者目線だと、御社のイメージダウンは避けられない」  
  11年2月21日には、百貨店とのやり取りを「ユーストリーム」で生中継を始める者も出た。  
   
  生放送した男性はフリージャーナリストと名乗って広報に電話で突撃。電話に出た女性広報  
  担当者に、内定が出ている大学生がネットで騒ぎになっていると、話し始めた。広報は、  
   
  「今朝こういう報道がされていることを知りました。現在は事実を確認中です」  
  と答えた。男性は「騒動について御社の見解を伺いたい」「消費者目線だと、御社のイメージ  
  ダウンは避けられない」などと続けたが、 広報からは、  
   
  「今の時点でコメントを申し上げる時期ではないと考えます」  
  という答えが繰り返されるだけだった。  
   
  広報が男性に対し「どんな媒体に記事を掲載するのか」と聞くと、男性は、生放送中である  
  ことは告げずに「ブログ記事にする」と返答した。  
   
  最後に男性は、今回の騒動で何か動きがあれば電話が欲しいと広報に要望した。これで「電突」  
  は終了したのだが、生放送はその後も続き、思わぬ事態に発展する。  
   
  男性が自分の携帯電話の番号を広報に伝え、それがもとで男性にワン切りなどのイタズラ電話  
  が殺到したからだ。その後、電話で生放送への苦情が来るようになった。  
   
  「突っ込みが甘くダメだ!」「質問の流れが整理されていない」「なぜ広報に生放送・録音  
  していると伝えなかった?」などというもので、男性は「ダメ出しが多くて涙が出そうだ」と  
  途中から涙声になった。  
   
  内定した男子大学生に対応を取るのかなどをJ-CASTニュースも聞いてみたが、  
   
  「現在調査中でお答えできることはありません」  
  ということだった。  
   
  http://www.j-cast.com/2011/02/21088618.html?p=all  
 
  
立教大生による集団レイプについて肯定発言の立教大生、炎上 就職内定先に抗議の電話も
02:25|この記事のURLコメント(1)トラックバック(0)痛いニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター