2011年04月

2011年04月30日

 
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1301342061/ 
 
1 名前: ◆V3/DONjiko @変態仮面V69φ ★[henkame@2chv.net] 投稿日:2011/03/29(火) 04:54:21.97 0 
  作家の林真理子さん(56)が震災後に書いたブログの内容が、ネット上で話題となり、  
  のちに該当の記事が削除、「お詫び」も出された。  
   
  該当の記事(現在は削除)は、東北関東大震災の  
  発生から2日後にあたる2011年3月13日の昼過ぎに書かれたものだ。  
  余震におびえながら暗い気持ちでいると打ち明けたあと、  
  12日の夜、夫と寿司店に行ったことに言及した。  
   
  それによると、寿司ネタのうちウニや貝など多くは北海道や東北からのもので、  
  店員からは「最後のお魚ですね」「当分船が出せないでしょう」と言われ、  
  林さんは「元気を出そうと思って行ったお鮨やさんで、また(地震の)  
  現実をつきつけられた感じ」とブログで感想を述べている。  
   
  このブログ記事に対して、インターネット掲示板「2ちゃんねる」  
  などで、ブログの内容は「不謹慎では」という声があがった。  
  書き込みには「(店に)行っても構わないけど黙っとけ。  
  (震災後の)数日はありもので質素にしようって思わないのかな」、  
  「お寿司屋さんに行ったことや、そこでのやり取り自体は悪くない。  
  マスコミも一般人も被災した方達に配慮した報道や言動をしているのに、  
  あまりにも無神経な(タイミングで公開した)ブログでは」  
  「被害の心配じゃなくて、当面お寿司が食べられなくなることを悲しんでいるように  
  受け取れる」などがあった。  
   
  もっとも、これとは反対に、問題視するほどの内容ではないという声も多い。  
  書き込みには「別に削除する程の内容だとは思えない」  
  「読んで、しんみりはしたけど、非常識だとは思いませんでした。  
  過剰反応ではないでしょうか」、  
  「普段の真理子さんらしい、素朴なコメントかと」、  
  「『鮨が食べられなくなることが悲しい』とは言っていない。  
  被災地の惨状や漁に関わっていた人々の苦難を想って、  
  暗澹たる気持ちになったという意味だろう」  
  などの意見が出ている。  
   
  これらを受けて、林さん本人は3月15日、  
  「読者の皆様に不快な思いをさせてしまったこと、  
  この場をお借りしてお詫びいたします。本当にごめんなさい」とブログでお詫びし、  
  該当の記事も削除した。  
  翌16日のブログでも、次のように説明をくわえている。  
   
  「『もうお鮨なんか呑気に食べられる平和な日は二度と来ないような気がする…』  
  という思いは言葉足らずで多くの読者の方からご批判を浴びてしまいました。  
  私のブログはいつも楽しいこと、面白いことを心がけて書いてきたので、もう何を  
  書いていいかわからなくなっていたんです」  
   
  林さんはブログで、震災後はテレビを見ていると、自分の無力さが  
  悲しくなり、原発事故への不安と恐怖にめげそうになる、などと不安な気持ちを  
  露わにしている。  
  別の記事でも、仕事が手につかず落ち込んだ様子だった。  
  そうした中でも、前向きに自分にできることをしたいと募金したことを明かし、  
  被災地支援を今後も続けていきたいと書き込んでいた。  
   
  http://news.livedoor.com/article/detail/5447176/  
 

寿司を食べたことをブログに書いた林真理子さん、記事を削除しお詫び
21:33|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)痛いニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 
 
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1298184894/ 
 
1 名前: ◆V3/DONjiko @変態仮面V69φ ★[henkame@2chv.net] 投稿日:2011/02/20(日) 15:54:54.76 0 
  離婚歴のある32歳女性。再婚に向けて婚活(結婚活動)中です。  
  サークルで知り合った2歳上の男性から、最近告白されましたが、交際まで踏み込めません。  
   
  この男性は優しくて気配りができ、人間的に尊敬できます。  
  ただ、彼は高卒で、収入も多くありません。  
   
  前の離婚の原因はお金でした。前夫の借金でお金がないのに嫌気がさしたのです。  
  そのため、今の婚活では収入面を優先しています。また、私は大卒で前夫は高卒でした。  
   
  大卒の方がお金で苦労する可能性が低いだろうと、母は「次は大卒の人がいいのでは」と言います。  
  でも、こんな条件の人にうまく巡り合えません。  
   
  私はもう32歳、早く結婚したい。今の男性とは、結婚したら楽しい家庭を築けると思います。  
  でも、お金がないと幸せが壊れるという不安が抜けません。  
   
  好きじゃなくても、ある程度の生活を約束してくれる人と割り切って結婚する方がいいのかも。  
  お金と人間、どちらを選ぶか。回答をお願いします。(茨城・N子)  
   
  http://www.yomiuri.co.jp/jinsei/danjo/20110217-OYT8T00170.htm  
 

優しくて気配りができ、人間的に尊敬できます。ただ、彼は高卒で、収入も多くありません
21:32|この記事のURLコメント(1)トラックバック(0)痛いニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 
 
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1303381435/ 
 
1 名前:守礼之民φ ★[sage] 投稿日:2011/04/21(木) 19:23:55.54 0 
  菅直人首相は21日午後1時前、福島県田村市の避難所である総合体育館を出た。  
   
  「もう帰るんですか」  
  「無視していくんですか」。  
   
  首相に向かって同県葛尾村から避難している夫婦が呼び止めた。  
   
  首相は「ごめんなさい。そういうつもりはありませんでした」と謝った。  
   
  呼び止めた夫婦は「生後4カ月の孫を抱えている。この子たちは、これからなんです。  
  先の見えない不安を抱えながらながらやっているんです」と泣きながら訴えた。  
   
  首相は「子供たちのためにも全力を尽くしてやっている」と答えた。  
   
  http://sankei.jp.msn.com/images/news/110421/dst11042116100026-p1.jpg
 
  http://sankei.jp.msn.com/images/news/110421/dst11042116100026-p2.jpg
 
   
  ソース(MSN産経ニュース):  
  http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110421/dst11042116100026-n1.htm  
 

【視察】被災者「首相、もう帰るんですか。無視するんですか」→菅「ごめんなさい、子供達のために全力を尽くしてやっている」
21:31|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)痛いニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター