2011年05月

2011年05月28日

 
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1302272769/ 
 
1 名前:ののわーるφ ★[sage] 投稿日:2011/04/08(金) 23:26:09.36 0 
   
  平野綾「去年から新規アニメ禁止令」声優の仕事激減!?  
   
   
  声優の平野綾が4月7日(2011年)、ツイッターで声優の仕事減っていると呟いた。  
   
  2011年春のアニメでは、「FAIRY TAIL」や「まりあ ほりっく」などに出演、いずれも長期シリーズや以前放送したシリーズの続編だ。  
   
  こうした現状について 「去年から出た新規アニメ禁止令の中、二期ものと長期が有り難い!ほんとに有り難い」 とツイッターに投稿。  
  何らかの理由で新しいアニメに出ないという方針のようだ。  
   
  平野は2010年下旬からバラエティ番組に頻繁に出演するようになり、声優としての活動は減少傾向にあった。  
  フォロワーからは「だから最近新規アニメ出てなかったんですね」「あーや大丈夫?心配」といった反応が寄せられている。  
   
   
  J-CASTテレビウォッチ  
  http://www.j-cast.com/tv/2011/04/08092577.html  
   
  依頼スレ>>195の依頼  
 

【平野綾】…「アニメ禁止令」 声優の仕事激減!?…またツイッター発
16:20|この記事のURLコメント(1)トラックバック(0)痛いニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 

2011年05月27日

 
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1306294466/ 
 
1 名前:ぽキール星人φ ★[] 投稿日:2011/05/25(水) 12:34:26.54 0 
   
  19日夕刊に載った小6男子の手紙が忘れられない。父親は東京電力の社員で、小学生新聞に投稿したものだという。  
   
  「原子力発電所を造ったのは誰でしょうか。もちろん、東京電力です」で始まる一文。「では、原子力発電所をつくる  
  きっかけをつくったのは誰でしょう」と問いかける。「それは日本人、いや、世界中の人々です。その中には、僕も、あなたも、  
  入っています」と続いた。  
   
  原発に生活を支えられ、「わたしが原発を造った」、この事実から目をそらすことを、男子は「無責任」とつづった。  
  取材のなかで感じる葛藤(かっとう)の正体を言い当てられた気がした。  
   
   御前崎市では「原発への不信」を口にすることがためらわれるほど、人々の生活は原発と直結していた。多くの口は  
  重かったが、現状を伝えてほしいと、生活への不安を語る人がいた。一方、見えない放射性物質におびえる妊婦が、  
  初めて起こした行動も取材を通して知った。  
   
  浜岡原発の全面停止をめぐり、さまざまな考えに触れてきた。男子の問いかけを受け、私の立ち位置はますます  
  あいまいなまま、揺れている。原発の「容認」か「廃止」か--。一人でも多くの声を伝えながら、考え続けていきたい。  
   
  そーす 毎日jp  
  http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20110525ddlk22070164000c.html  
   
   
   ◇男子児童の手紙  
   
   毎日小学生新聞に送られてきた手紙は以下の通り。(一部省略)  
   
   突然ですが、僕のお父さんは東電の社員です。  
   
   3月27日の日曜日の毎日小学生新聞の1面に、「東電は人々のことを考えているか」という見出しがありました。  
   「NEWSの窓」です。読んでみて、無責任だ、と思いました。  
   
   みなさんの中には、「言っている通りじゃないか。どこが無責任だ」と思う人はいると思います。  
   
   たしかに、ほとんどは真実です。ですが、最後の方に、「危険もある原子力発電や、生活に欠かせない電気の供給を  
   まかせていたことが、本当はとても危険なことだったのかもしれない」と書いてありました。そこが、無責任なのです。  
   
   原子力発電所を造ったのは誰でしょうか。もちろん、東京電力です。では、原子力発電所をつくるきっかけをつくったのは誰でしょう。  
   それは、日本人、いや、世界中の人々です。その中には、僕も、あなたも、入っています。  
   
   なぜ、そう言えるのかというと、こう考えたからです。  
   
   発電所を増やさなければならないのは、日本人が夜遅くまでスーパーを開けたり、ゲームをしたり、無駄に電気を使ったからです。  
   
   さらに、発電所の中でも、原子力発電所を造らなければならなかったのは、地球温暖化を防ぐためです。火力では  
   二酸化炭素がでます。水力では、ダムを造らなければならず、村が沈んだりします。その点、原子力なら燃料も  
   安定して手に入るし、二酸化炭素もでません。そこで、原子力発電所を造ったわけですが、その地球温暖化を  
   進めたのは世界中の人々です。  
   
   そう考えていくと、原子力発電所を造ったのは、東電も含み、みんなであると言え、また、あの記事が無責任であるとも言えます。  
   さらに、あの記事だけでなく、みんなも無責任であるのです。  
   
   僕は、東電を過保護しすぎるかもしれません。なので、こういう事態こそ、みんなで話し合ってきめるべきなのです。  
   そうすれば、なにかいい案が生まれてくるはずです。  
   
   あえてもう一度書きます。ぼくは、みんなで話し合うことが大切だ、と言いたいのです。そして、みんなでこの津波を乗りこえていきましょう。  
   
  http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110519dde041040003000c.html  
 

僕のお父さんは東電社員です。原発を造ったのはみんなです。僕も、あなたも
15:56|この記事のURLコメント(1)トラックバック(0)痛いニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 

2011年05月26日

 
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1302998881/ 
 
1 名前:FinalFinanceφ ★[sage] 投稿日:2011/04/17(日) 09:08:01.93 0 
  「新聞やテレビは双葉町のことばかりで、なぜ浪江町のことは何も報じないんでしょうか」  
   
   編集部に電話を掛けてきたその女性は、ひどく憤っていた。  
   
  「私は浪江町出身で、両親は浪江町から県外へ自主避難しました。  
  集団で避難した人間がいい思いをして、個人で避難した人間が無視されるのはおかしい。  
  浪江町の本音はネットの掲示板にあります。見て下さい」  
   
  掲示板には、「現在の心境や気持ちなど、自由に吐いて下さい」とある。  
  見てみると、そこには行政や東電、マスコミや隣町への不満がギッシリ書き込まれていた。  
   
  〈ニュースの人数は、避難所にいる人しかカウントされません。  
  自主的に親戚などを頼って避難した人は、お金はかかるし損なのです。  
  待遇のいい避難所にいる人の話を聞くと、ちょっとムカつく!〉  
   
  〈こうなったら町と町との争いですからね〉  
   
   過激化する町民を諫めるように、  
   
  〈いくら愚痴を吐いてもいい掲示板にしたとはいえ、浪江町人だけがみていると思ったら大間違いですよ!  
  (中略)読んでいて同じ浪江町人として恥ずかしいです(;_;)心までが原発や災害に負けてはダメですよ!〉  
   
   と、こんな書き込みがあるほどに掲示板は荒れていたのである。  
   
  浪江町は福島第一原発のある双葉町の隣に位置するが、東西に長い形をしているため、  
  避難、屋内退避、その圏外と、町民の置かれた立場も様々。  
  それだけに、町ごと避難した双葉町や大熊町ほど注目されにくいのは確かだ。  
   
  朝のワイドショーで、新学期を迎える双葉町の子供たちに全国からランドセル79個が寄付されたと伝えられた日、  
  浪江町の災害対策本部に電話してみると、  
   
  「ランドセルですか? 残念ながらそういうお話はありません。  
  浪江町は双葉町さんのようにお金もないので、ランドセルを買ってあげることもできません。  
  寄付してくださる方があれば、ありがたい話ですが、今のところそういうご支援はありません……」  
   
  浪江町は、原発のある双葉町に比べて交付金なども少なかったのは事実。  
  そのうえ避難先でも恵まれないとすれば、町民が愚痴をこぼしたくなるのも無理はない。  
  http://news.nifty.com/cs/headline/detail/postseven-20110417-17443/1.htm  
   
 

浪江町の被災者「待遇いい避難所の話ムカつく!」・・荒れる掲示板、行政や東電、マスコミや隣町への不満がギッシリ
18:59|この記事のURLコメント(1)トラックバック(0)痛いニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター